2012年05月15日

いよいよ『こころのひだまり映画祭』


 サポーターのみなさま。いかがお過ごしですか。事務局の北川です。先週末は茨城県の潮来に会議で行ってきました。会議後に、あやめがぼちぼち咲き始めた水郷を船で巡ってきました。春の風と日差しが気持ちよかったです。

 あやめ、はなしょうぶ、かきつばたは親戚ですが、星野冨弘さんに「かきつばた」という詩があります。『黒い土に根を張り どぶ水を吸って なぜきれいに咲けるのだろう 私は大ぜいの人の愛の中にいて なぜみにくいことばかり考えるのだろう』 世の中いやになってしまうことも多いですが、気持ちは崇高でありたいものです。

 崇高と言えば、大田堯さんのトークは多くの参加もあり、とても示唆に富むものでした。映画「かすかな光へ」の中で、大田さんは『夢に生かされている』と語っていましたが、その通りの方でした。

 さらに、『夢』と言えば人種差別の撤廃を求めたキング牧師のあの有名なワシントン大行進での『I have a dream』の演説に代表される1960年代のアメリカの公民権運動を黒人家政婦の目を通して描いたヒューマンドラマ『ヘルプ』が7月に深谷シネマで上映されます。絶対のおすすめです。お見逃しないように!

 さて、本題。いよいよ『共生こころのひだまり映画祭』が20日(日)からと迫ってきました。盛りだくさんのプログラムも決まりました。まだまだボランティアが不足しています。お力をお貸しいただける方はご連絡下さい。

 昨日は参加していただく深谷特別支援学校の先生が下見を兼ねていらっしゃいました。サポーターの塚田さんとで対応しました。5つのパート(木工・革製品・パン・農作物・・・)があるそうで、それぞれのパートで参加して下さいます。先生の言葉。「自分たちの作った作品が多くの方の目に触れて、お買い求めいただくと自信につながるのです」 

 塚田さんと大谷さんの演奏で、歌って踊って、楽しみにしているそうです。私の学校の大道芸愛好会のメンバーも練習に熱が入ってきました。『まずお互いに知ること』 すべてはそこからスタートするかと思います。深谷シネマが、そのためのみんながこころを開放できるような小さなひだまりになるとよいですね。

 地元の煮ほうとう研究会に出店依頼をしていましたが、ほかの予約が入っているそうで、残念ながら今回は難しくなりました。特別支援学校の生徒さんが楽しみにしているそうですので、『深谷シネマ特製煮ほうとう』を竹石シェフを中心につくることになりました。お手伝いいただける方、ぜひよろしくお願いいたします。当日(20日・26日)は10時集合です。

 スマホで3000本の映画が月額590円で見放題というサービスが始まるそうです。映画を観る環境は若い人を中心に変わっていくでしょう。その際に、深谷シネマが果たす役割は何なのか? 様々な文化へのとびらを提供することと人間の鎖というネットワークという付加価値を映画鑑賞につけることかと、私は思います。サポーターズクラブの出番かもしれませんね。

 では『共生 こころのひだまり映画祭』で!



posted by わたりどり at 17:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

深谷シネマサポーターズ通信  


 みなさま。いかがお過ごしですか?事務局の北川です。

 さて明日は、サポーターズクラブ交流会です。シネマにて14時からです。今回もサポーターの金井さんのちからで料理を作り食べながら、楽しく交流する予定です。ぜひご参加下さい。 

 5月6日の大田尭さんのトーク。5月20日〜26日の「共生こころのひだまり映画祭」。いよいよ迫ってきました。打ち合わせをしようと思っています。

 マンスリー5月号とポスターができました。ご都合のよい時に、事務所までお立ち寄りいただき、広めていただければ幸いです。

 映画祭の広報で、深谷はばたき特別支援学校、本庄特別支援学校、熊谷特別支援学校を訪ねてきました。深谷はばたき特別支援学校の校長先生は、非常に理解を示して下さり、高等部の生徒さんが26日に出店参加してくださる事になりました。保護者にチラシを配布してくださるそうです。また、本庄特別支援学校の校長先生は、なんと深谷シネマによく来て下さるそうで、先日も「明かりを灯す」を鑑賞されたそうです。「海洋天堂」は学校評議員の県自閉症協会の役員の方からの推薦もあり、教職員に観るように勧めてみるそうです。

 マジックとバルーンアートを披露する、私の学校の大道芸愛好会の生徒も楽しみにしています。私が言うと自慢になってしまいますが、マジックを披露する生徒のテクニックはプロ並みです。ぜひご覧下さい。 楽しく交流できるとよいですね。まずお互いに「知ること」がすべてのスタートですよね。それも楽しく!

 先日映画「人生ここにあり!」でトークをしていただいた精神障がい者の就労支援団体が運営しているカフェ「パルファン」に行ってきました。先月にお渡ししておいた映画祭のチラシをテーブルクロスの下にきれいにディスプレイしておいて下さいました。(写真をHPにアップします) ここの方が広めて下さり、群馬県南部の社会福祉協議会に配布していただくことができました。

 いろいろなところで、少しづつネットワークができていきますね。

 また5月1日のメーデーには、本庄地域・深谷寄居地域・熊谷地域の3地域の集会で参加者に、深谷シネマのマンスリーと映画祭のチラシを配布していただくように手配しました。少しづつ輪が広がっていくとよいですね。


 いまの社会は、ひとつのことを判断するときに成功か失敗かという成果のみで判断してしまいがちです。私の働いている教育の現場もそうなろうとしています。しかし、物事はそんなに単純には判断できないと感じることが多いです。結果は思いどおりにいかなくても、その過程もすごく大切だと思います。結果がすぐにはでないこともあります。活動の中でどれだけ思いが周りに広まったか、思いを同じにする人がどれだけ増えたか。深谷シネマの目指しているであろう地域文化活動もそういう側面から眺めることも大切かと常日頃思っています。

 先日友人が自宅に生えた筍を掘って届けてくれました。たけのこご飯にしたり、ワカメと煮たり、おすましにしたりで堪能しました。それにしてもいつも思うのですが、筍を茹でる時に、米ぬかを使ったり、ぜんまいには灰を使ったり。それに気づいた人間の生活の知恵はすごいなあと感心します。なまこやふぐを食べるようになった知恵にも感嘆します。それに比べて、原子力を扱うようになった現代人の知恵の浅はかさに思いが至ってしまします。半年ほど前に、教育テレビのETV特集で日本での原発の歩んできた歴史を特集していました。初めて原発の安全性が法廷の場で争われた伊方原発訴訟の中で、核物理学者が「原発の安全性は論文によって論証されることになる」という発言をしていたのに対して、原告の漁民は「お金よりも便利さよりも大切なのは命だ」と主張します。生活の中から肌で感じた生活の知恵の大切さを、たけのこを食しながら感じました。

 つまらないことを書いて長くなりすいませんでした。ではよい週末を!  できれば深谷シネマで。

posted by わたりどり at 23:31| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

土曜日は交流会 with バーベキュー

サポーターのみなさま

 いかがお過ごしですか。やっと春らしくなってきましたね。事務局の北川です。

 マンスリー4月号とポスターができました。また、「共生 こころのひだまり映画祭」の素敵なチラシもできましたし、映画「かすかな光へ」と大田堯さんトークのチラシもできています。時間の取れた時に、事務所に取りに来ていただき、広めていただければ幸いです。

 昨日は「共生 こころのひだまり映画祭」のチラシを後援をいただいている深谷市・深谷市教育委員会・深谷市社会福祉協議会に届けてきましたので、近日中に深谷市内の主だった公共施設に設置していただけると思います。

 また作業所関係・医療機関などへは、あゆむ会の事務局長が広めていただくことになりました。いづれにしても、いままでの実績からいって、口コミが一番です。友人・知人に、職場で、学校で、ブログで、ツイッターなどで、宣伝していただければ幸いです。よろしくお願いします。

 さて、今度の土曜日は14時から深谷シネマ前庭でバーベキューをしながら交流会を行いたいと思います。春の陽気の中で、楽しく語らいながら分かち合いましょう。お待ちしております。  

 ではまた!
posted by わたりどり at 15:02| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする