2012年01月30日

人生ここにあり! にみる「霊的健全性」

  サポーターの秩父ユネスコ事務局の江田さんからの感想をご紹介します。

【 北川さんからお誘いのメールをいただき、「人生、ここにあり!」を見ました。霊的に健全な人たちの協働作業は、いいですね。寄せ木のように、それぞれの役割が生かされた組合は、理想の共同体ですね。

 教育現場も、こんな風に運営されるといいですね。そこでの教師は、ネッロのように、教えるより、つなぐ役割(ファッシリテーター)に徹する。

 私が関わる秩父ユネスコも、そのように進めて行きたいと思っています。

話し合いで進められる理想の共同体は、以前話しを聞いた、北海道のべてるの家に似ていますね。「三度の飯よりミーティング」、「問題があって順調」など、映画の中の組合と似ています。

 それにしても、霊的に健全な人たちの崇高なこと。物質的に豊かな現代人には、失われています。昨年訪れた祝島の人たちにも、霊的な健全さが宿っていました。四年に一度の祭り「神舞」に向けて営まれる共同体が、反原発の母体となっていると、山戸孝さんは言います。

 ウラン鉱石の採掘の反対に立ち上がるアボジリニの人たちも、霊的な健全性があると思います。

 秩父も、かつては、そんな霊的な健全性がありました。武甲山や、オオカミなどへの、畏怖の念や祈りなどが、ほとんど失われました。

 そのような物語をもった創作舞台「星のかけら 〜武甲山〜」を3月25日(日)に秩父市歴史文化伝承館ホールで行います。

 後日、チラシを持って、深谷シネマに伺います。よろしくお願いします。

                        秩父ユネスコ事務局 江田   】
posted by わたりどり at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

脱原発世界会議

 サポーターのまなさま。こんにちは。お元気ですか?事務局の北川です。

 いよいよ22日から、深谷シネマでは、「人生、ここにあり!」と「沈黙の春を生きて」の上映が始まります。どちらも、北川イチオシの素晴らしい作品です。ぜひお越し下さい。22日の「沈黙の春を生きて」上映後には坂田監督のトークがあります。また、28日の「人生、ここにあり!」第1回上映後、伊勢崎にある障がい者の自立のための就労施設の当事者のかたとスタッフによるトーク「退院して暮らすんべえ!」があります。ぜひお越し下さいね。

 ところで、先週末に横浜で、脱原発世界会議が開かれました。いままさに私たちは岐路にあるかと思います。核の時代を終わらせ、自然と生きる未来をつくりたい。それは可能なところに来ています。世界の人々とつながれば。そんなコンセプトの世界会議です。デモに参加されたサポーターの方もいらっしゃいました。「脱原発映画祭」もありました。詳しくはネットでご覧下さい。

 そのプレ企画として開かれた、広瀬隆さんの講演会に参加してきました。4時間近い内容の大変濃い、パワーポイントを使った大変分かり易いものでした。改めて原発事故は終わっていないことを確認しました。

 3月には定期点検のため、日本のすべての原発が止まるそうです。この時、再稼働を許さない世論作り、特に立地自治体の首長を脱原発の立場に立たせることが大切だそうです。2月に朝日新書から、広瀬隆さんの最新著「第二のフクシマ」 が出版されるそうですので、詳しくはそちらで。
 講演前に広瀬さんとお話ししたのですが、日程が合えば深谷にも来て下さるそうです。サポーターズクラブで、考えたいですね。

 最後に映画の話を。現在ポレポレ東中野で上映されている、重症心身障がい者と家族、そして地域を描いたドキュメンタリー映画「普通に生きる」。本当に素晴らしい作品です。「生きるとは」、「幸せとは」という本質的なことを問いかけてくれる映画です。
 障がいをもったお母さんたちが活動をして、様々な施設やシステムを作っていきます。「初めから制度はありません。制度は必要に応じて作っていくものです」という言葉がこころに強く残りました。福祉の受け手から、担い手に。
 深谷シネマでも上映したいですね。たまたま監督ともお話しができました。
 
 今月のサポーターズクラブの交流会は27日(金)19時〜です。ワイワイ交流しましょう!!
posted by わたりどり at 18:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

望年会

サポーターのみなさま。こんにちは。事務局の北川です。
 23日は望年会を兼ねての交流会でした。11人の参加で、写真のようにビールジョキや復興牛乳を片手に地場産野菜たっぷの「ててて亭」の美味しい鍋をつつきながら、楽しい、しかし実りあるひとときを過ごしました。
 埼玉工業大学の学生とのコラボによる映画会はどうだろうか?交通手段のない高齢者対象に、定期的に送迎を付けたらどうだろうか?などなど建設的なアイデアが出されました。次回の理事会に報告します。
 今後のサポーターズクラブ企画の予定ですが、「人生ここにあり!」上映に合わせて1月28日 (土)1回目上映後に「退院して家で暮らすんべえ」をテーマに、社会復帰をすすめる伊勢崎市の社会福祉法人「明清会」の精神障がい当事者と支援者によるトークを行います。ぜひご参加下さい。 3月17日(土)には、「3.11を忘れない」をテーマに、関連映画上映と、東北の被災者をお招きして、じっくりお話しをお聴きして、この1年の思いを参加者でじっくり交流したいと思います。
 また5月下旬には、「共生、こころのひだまり映画祭」を予定しています。シネマの前庭を障がいが有る無しに関係なく様々な人々が集い楽しみ、ちょっと学べるお祭り広場にしたいと考えています。どうか、アイデアとネットワークをお寄せ下さい。
 次回のサポーターズクラブ1月交流会は、1月27日(金)19時〜を予定しています。どうか、ご都合をつけてご参加下さい。
 また24日は、東蔵でサポーターの塚田さんと大谷さんによるピアノとフルートによるクリスマスデュオコンサートでした。素晴らしい音楽で、こころ豊かなクリスマスイブのひとときを過ごすことができました。これからも、様々なひとが出会い、つながる文化の拠点に深谷シネマがなっていくといいですね。
 寒さ厳しき折、ご自愛くださいね。 良いお年をお迎え下さい。   
posted by わたりどり at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする