2012年01月30日

人生ここにあり! にみる「霊的健全性」

  サポーターの秩父ユネスコ事務局の江田さんからの感想をご紹介します。

【 北川さんからお誘いのメールをいただき、「人生、ここにあり!」を見ました。霊的に健全な人たちの協働作業は、いいですね。寄せ木のように、それぞれの役割が生かされた組合は、理想の共同体ですね。

 教育現場も、こんな風に運営されるといいですね。そこでの教師は、ネッロのように、教えるより、つなぐ役割(ファッシリテーター)に徹する。

 私が関わる秩父ユネスコも、そのように進めて行きたいと思っています。

話し合いで進められる理想の共同体は、以前話しを聞いた、北海道のべてるの家に似ていますね。「三度の飯よりミーティング」、「問題があって順調」など、映画の中の組合と似ています。

 それにしても、霊的に健全な人たちの崇高なこと。物質的に豊かな現代人には、失われています。昨年訪れた祝島の人たちにも、霊的な健全さが宿っていました。四年に一度の祭り「神舞」に向けて営まれる共同体が、反原発の母体となっていると、山戸孝さんは言います。

 ウラン鉱石の採掘の反対に立ち上がるアボジリニの人たちも、霊的な健全性があると思います。

 秩父も、かつては、そんな霊的な健全性がありました。武甲山や、オオカミなどへの、畏怖の念や祈りなどが、ほとんど失われました。

 そのような物語をもった創作舞台「星のかけら 〜武甲山〜」を3月25日(日)に秩父市歴史文化伝承館ホールで行います。

 後日、チラシを持って、深谷シネマに伺います。よろしくお願いします。

                        秩父ユネスコ事務局 江田   】
posted by わたりどり at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする