2011年10月13日

映画「フードインク」上映とシンプジウム

 さて肥田さんの講演会が終わり、次は深谷産業祭への参加です。前回の交流会の話し合いを受けて、次のように固まりました。ぜひ多くの方の参加をお願いします。


★深谷産業祭 参加企画★

『私たちの食は どこへ』

  〜映画「フードインク」上映&TPP問題シンポジウム〜
         主催:深谷シネマサポーターズクラブ
            「韓じる」シネマウイーク実行委員会

 TPP(環太平洋連携経済連携協定)への加盟が山場を迎える時期に、私たちの食の問題を考えるドキュメンタリー映画「フードインク」上映とシンポジウム「私たちの食は どこへ」を、深谷シネマサポーターズクラブと「韓じるシネマウイーク」実行委員会としての深谷産業祭参加企画といたしました。
TPPに加盟すると、農水省の試算では食糧自給率はなんと13%になると言われています。TPPが推し進めるグローバリゼイションに対峙する考え方は、地産地消でしょう。
生産者の立場から、消費者の立場から、地産地消の問題提起をしていただき、フロアーのみなさまとも分かち合いをしていきたいと思っています。
当日は、地元の「有機農法農家」の野菜の販売や、原料にこだわった「もやしや屋さん」や「豆腐屋さん」の食品を使って、韓国の方が本場の韓国料理を作ってくださることになっています。
「感じる」「学ぶ」「味わう」「楽しむ」そして「つながる」 多くの方のお越しをお待ちしております。

11月12日(土)
〈ガーデン〉10:00 〜  
深谷シネマPR&韓じるシネマウイークプレ企画
  韓国料理と飲み物販売 & 有機農作物販売
〈東蔵〉
   @ドキュメンタリー映画『フードインク』上映 (13:00〜)
                     鑑賞料 1.000円
  A「TPPを考えるシンポジウム」 (14:45〜16:15)
                    参加無料
パネラー:山田 昇 さん(秩父農工科学高校教員)
    根岸 芳弘 さん(JAふかや代表理事組合長/生産者)
    飯塚 雅俊 さん(深谷のもやし屋「飯塚商店」/生産者)
    中西 千恵子 さん(ワーカーズコープ「とうふ工房」/生産者)
    清水 洋子 さん(NPOくまがや有機物循環センター/消費者)
    嶋田 照子 さん(生活クラブ生協熊谷支部/消費者)
  コーディネーター:北川(深谷シネマ理事)

11月13日(日)
〈ガーデン〉10:00 〜  (場合によってはお昼のみになる)
深谷シネマPR&韓じるシネマウイークプレ企画
    (韓国料理と飲み物販売 & 有機農作物販売)

〈深谷シネマ〉
   @ドキュメンタリー映画『フードインク』上映 (10:30〜)
      *料金は深谷シネマと同額
      *上映関係は深谷シネマが担当

posted by わたりどり at 15:16| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。